11月 30

こんにちは!POPYだよ♩

すっかり街はクリスマスモード!寒い日が続いていますが、みんな元気かな!? POPYは元気だよ☆

 

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%bfpopy

 

この前11月9日、「第4回 チェーンストア研究会」が東京コンファレンスセンター・品川で開催されたんだ!

Shopらん」をご利用のお客様が集まっていたので、POPYも潜入してきました!

今年は「現場人材の活用とITによる生産性向上」がテーマで、

デイトナ・インターナショナル株式会社様、オーケー株式会社様にご登壇いただいたよ!

さらに、株式会社アイ・ティ・アール様から「小売業の IT投資動向や注目すべきソリューション」についてお話ししてもらって勉強になったよ。

今日は、POPYが当日の様子をいち早く紹介するね☆

会場に入ると…お客様をご案内しているみたい。

 

案内スタッフ

会場に着くと、机には4コマ漫画の資料が。なになに?
最近「Shopらん」がバージョンアップして、さらに便利になったんだね。新しい機能について
わかりやすく4コマ漫画で説明していたよ☆

4コマ資料

 

さて、いよいよ講演会が始まったよ〜!大勢のお客様にいらしていただけてPOPYも嬉しいな。

講演会中

 

休憩中は、会場にあるブレイクスペースでコーヒーを…♩お菓子も置いてあるっ!POPYもお菓子食べちゃおう〜。

スペース

 

会場で、お客様にお土産としてお配りしたのはコレ! 「Shopらん」オリジナルのマスキングテープだよ!

マスキングテープ

 

中身はこんな感じ。お店の絵が書いてあるよ☆ マスキングテープは、使い道はいっぱい。

ドリーム・アーツのお姉さんは、手帳にデコレーションする時や、PCに飾りとして貼っていたよ!みんなは、どこに使ってくれるかなぁ?

テープ中身

可愛いので、他のバージョンも作成中なんだ!! どんな柄になるかは、お楽しみに☆

あっという間に、 「第4回 チェーンストア研究会」も終わりに近づき…懇親会も無事に終了!
詳細については「開催レポート」からご覧ください!
「チェーンストア研究会」は今後も定期的に開催予定なので、また皆に会えるといいな☆

次回のDAブログ「POPYのおうち」は、広島からお届けするよ♪ またね!!

 

 

 

 

保存

保存

保存

保存

10月 24

こんにちは、POPYだよ♪ 広島東洋カープ、日本シリーズ進出おめでとう☆

 オフィスからは運が良いと富士山が見えるんだ☆そんな夕方…何やら準備が始まったよ。

 

_1140303

POPYからクイズを出題!さて、これから何が始まるのでしょうか??

 

%e6%ba%96%e5%82%99_1140297何やらテーブルに広島の地酒やお菓子がいっぱい。POPYも早く食べたいな!

%e9%a3%b2%e9%a3%9f%e5%86%99%e7%9c%9f

このマークは…?応援グッズも赤一色だね☆

%e5%bf%9c%e6%8f%b4%e3%82%b0%e3%83%83%e3%82%ba_1140309

そう!先日のセ・リーグ応援イベントに続いて…クライマックス・シリーズでも応援したんだ。

今度は、社外のエンジニアさんたちも一緒に観戦♪

それに、ちょうど出張にきていた広島や沖縄のスタッフも参加してくれたんだ!嬉しいなぁ~!

とっても楽しかったから、皆にも紹介するね!

_1140405

 

お客さんも集まって、いよいよ観戦会が始まったよ~!皆、真剣だねっ!

_11405251

嬉しいことに役員や社員、沢山の人が集まってくれたんだ。中には立ち見の人もいたよ。

SONY DSC

POPYもスクリーンの近くで応援していたよ。カープの応援歌まで覚えちゃった。

そして試合も7回裏に近づいた頃…ジェット風船が登場!! プロ野球でジェット風船を飛ばして応援するようになったのは、広島東洋カープファンが飛ばしたのが始まりなんだって♪

風船の使い方はドリーム・アーツのお姉さんが教えてくれたよ。風船を構えて…用意はいいかな?いざ飛ばします!

SONY DSCSONY DSC

これは、ぜひ動画でご覧ください ∪o・ェ・o∪

動画はこちら↓↓ 再生ボタンをクリックしてね。

それから、歓談&大声で応援している間に試合が終了!観戦した10/14(金)は・・・残念ながら相手チームに負けてしまったけれど、皆、楽しんでくれたみたい♪

実は…この日、広島のテレビ局の方が取材してくれたよ。POPYもテレビデビューしたりして!? ワクワク♪

また皆で応援したいな。でも今度は誰かPOPYをマツダスタジアムに連れていってくれないかなぁ。本物を見ることは大事だもんね。

広島のおいしいお菓子を食べて眠くなってしまったので、この辺で。またねー!

10月 13

こんにちは!POPYだよ☆

先日、デブサミ2016福岡へ参加してきたよ♪

デブサミというのは「Developers Summit2016」という開発者向けのイベントで、

毎年、東京、大阪、福岡などで開催されているんだ☆

福岡開催は今回で2回目!ということで、ドリーム・アーツも福岡の企業の人たちに交じってセッションを行なってきたよ!

「腹が減っては戦はできぬ!」ということで、スピーカーを務めるCTO(最高技術責任者)とお昼にらーめんを食べてきたんだ~!

とっても美味しかったぁ~♪ 因みにCTOは替え玉も頼んでセッションに備えていたよ!

%e7%9f%b3%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3

「実録レガシーコード克服秘話 – 闇に光を」

というタイトルで話をしてきたよ!

実際に使ったスライドはこちらから入手できます↓

http://www.slideshare.net/knske/2016-b2-66741439

現場あるあるな内容の話で会場のみなさんは真剣に聞き入っていたよ。

%e8%ac%9b%e6%bc%94%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90

 

セッションに参加してくれた人から感想を聞いたよ!↓

“共感できる内容が多く参考になりました。”

“エンタープライズ開発現場のリアルな実情が語られ親近感が持てた。一歩進んだオリジナリティがある改善への取組み紹介がとても参考になりました。”

POPYは技術のこと詳しくないけれどCTOのお話はとてもわかりやすかったなぁ♪

%e5%8f%82%e5%8a%a0%e8%80%85%e3%81%a8

 

デブサミが終わった後に懇親会へいってきたよ!

集まった福岡エンジニアのみなさんは、違う会社同士の集まりなのにとても仲が良くてうらやましかったなぁ☆福岡のコミュニティにPOPYは感心!!

%e6%87%87%e8%a6%aa%e4%bc%9a

ライトニングトークと呼ばれる短いプレゼンテーションを行う、LT大会があって、発表時間は4分間。

終了時刻を過ぎるとドラを叩くんだ!そのドラ娘にドリーム・アーツ入社1年目の堤さんが抜擢されたよ♪

%e3%83%89%e3%83%a9%e5%a8%98

 

来年の2月には東京で大きなデブサミが開催されるんだって!

POPYが参加したらまたお知らせするね!

POPYでした☆

 

10月 06

こんにちは、製品開発部の清水です。

業務でGitHubを使いドキュメントの作成・管理を行っているため、Makrdownを最近よく使用しています。
Markdownはフォーマットがシンプルなので、文書が書きやすく、保守管理も楽です。
ただし、他人にMarkdown文書を共有する際には、PDFなどの一般的なフォーマットに変換する方が無難です。
MarkdownからPDFへ変換できれば、納品物としても耐えうる文書も作成できます。

そこで、MarkdownをPDFに変換するツールをいくつか導入してみましたが、その過程で色々とつまづきポイントがありました。
そこで今回は、Markdownの普及のためにも、つまづきポイントも含め、ツールの導入手順を書き留めておこうと思います。
なお、使用したOSはWindows10です。

試した変換ツールは以下の2つです。

  1. markdown-pdf
  2. Pandoc

1. markdown-pdf

 

Markdown→PDFの変換を直接してくれます。
Node.jsで作られており、javascriptで変換設定を書くことができます。

 

1.1 markdown-pdfのインストール

markdown-pdfのインストールにはNode.jsのパッケージ管理ツールnpmが必要です。
Node.jsサイトからインストールしてください。

markdown-pdfのインストール

 > npm install markdown-pdf

インストールが完了したら、変換を実行

> markdown-pdf -o output.pdf test.md

mdpdf_pdf%e5%87%ba%e5%8a%9b%e4%be%8b

1.2 CSSの適用

しかし、markdown-pdfにはバグがあって、そのままではWindows環境だとCSSが適用されません。
Issue:CSS doesn’t load on windows – fix

Issueを見ると、render.jsのパス指定を書き換えれば良さそうです。
render.jsは、自分の環境では C:\Users\[UserName]\AppData\Roaming\npm\node_modules\markdown-pdf\phantom 配下に入っていました。

render.jsの15行目を変更します。
変更前)

var protocol = os.name === ‘windows’ ? ” : ‘file://’

変更後)

var protocol = os.name === ‘windows’ ? ‘file:///’ : ‘file://’

これでCSSを適用できます。

 > markdown-pdf -o output_styled.pdf -g github.css test.md

今回はこちらのgithub.cssをお借りしました。

 

github.cssを適用したPDF出力例:
mdpdf_css%e9%81%a9%e7%94%a8pdf%e5%87%ba%e5%8a%9b%e4%be%8b

 

2. Pandoc

 

MarkdownやPDFに限らず、様々なフォーマット間の変換ができます。Haskell製。
ドキュメントが充実しているのに加え、有名なツールなので、困ったときの検索結果が豊富です。
日本語のユーザーズガイドもあります。

 

2.1 Pandocのインストール

Windowsの場合、Pandocのインストーラがあります。
インストールページ:Pandoc – Installing

PandocはPDF変換の際にLaTeXを中継します。
Pandoc標準のLaTeXは日本語に非対応なため、日本語に対応しているLuaLaTeXが必要です。
LuaLaTeXが含まれているTeXLiveというパッケージをインストールします。
インストール方法は下記のWikiを参照してください。
参考:TeX Live/Windows – TeX Wiki

インストールが完了したら、変換します。

> pandoc input.md -o output.pdf -V documentclass=ltjsarticle –latex-engine=lualatex

PDF出力例:
pandoc_pdf%e5%87%ba%e5%8a%9b%e4%be%8b

LaTeXを挟むと<img>タグは無効になってしまうようです。

2.2 CSSの適用

自分で色々試したところ、PandocではPDFへの変換にLaTeXを使用するため、CSSの適用はできないようです。
LaTeXには、スタイルを整える手段としてテンプレートという機能があるようですが、自分がLaTeXに強くないのでここでは紹介しません。
今回は、MarkdownをHTML化して、Chromeブラウザの印刷機能でPDFへ変換する方法を紹介します。

まずMarkdownをHTMLに変換します。

> pandoc input.md -o output_styled.html -c github.css

出力されたHTMLファイルをChromeで「PDFに保存」をします。

これでCSSが適用されたPDFが生成されます。

github.cssを適用したPDF出力例:

pandoc_css%e9%81%a9%e7%94%a8pdf%e5%87%ba%e5%8a%9b%e4%be%8b


所感

 

実用的には、色々なフォーマットをサポートしていて、ドキュメントが豊富なPandocの方が良さそうに思いました。

しかしながら、PDF出力にはLaTeXが必要なため、環境構築やスタイル設定が難しいというデメリットもあります。
ちょっとしたメモやテキストをPDF化したい場合は、markdown-pdfの方が便利そうです。

個人的には、Markdown→HTML→PDFのルートが一番きれいにスタイル設定が出て良いと思いました。
HTMLからPDFの変換に別のツールを使えば、変換の自動化もできそうです。

今後は細かいルール設定やスタイル設定も使ってみて、詳しく有用性を検討していきたいです。

 

9月 28

2016年9月24日(土)に開催されました、第5回CodeIQ感謝祭「食欲とプログラミングの秋」にドリーム・アーツも参加しました!

参加レポートは、若手エンジニアの小林が勤めます。

 

CodeIQとは、ITエンジニアを対象に、エンジニアや企業から出題された問題を解き、自分のスキルチェックや、スキルとマッチした企業と出会うことのできるサービスです。

そんなCodeIQの感謝祭ということで、エンジニアばかり120名集まりました。

codeiq%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b9

多くの方がドリーム・アーツのブースに遊びにいらっしゃいました!

ブースでは抽選会を行いました。

残念賞はドリーム・アーツのロゴが入った蛍光ペンや、PCへ貼るドリーム・アーツのステッカー。

特賞はなんと、白くて可愛いポピーのぬいぐるみでした!

私も欲しい~~

 

そして、ドリーム・アーツもプレゼンテーションを行いました

LT(ライトニングトーク)という5分間の短いプレゼンテーションです。

登壇者は、私、小林です。

社会人も社歴も2年目の半エンジニアです。

開発部に所属していながら、お仕事ではコードを書かないので“半エンジニア”なのです。

そんな半エンジニアは、普段は「開発部の調整ごと」をメインに行なっています。

 

codeiq%e7%99%ba%e8%a1%a8

調整ごとを頑張っているので、

「開発部と他拠点のコミュニケーション」

というテーマでお話しをしました。

 

開発部が何をやっているのか、ブラックボックスと化すのはどこでも悩むこと。

実際に今年頭から9か月もかけて見える化や、コミュニケーションの円滑化を図った取り組みをご紹介しました。

codeiq%e7%99%ba%e8%a1%a8%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f

小さいことだと、文字ベースのやり取りには顔写真を表示させるようにしたこと。

Slackで開発部発信の社内報を始めたこと。

社内向けの製品説明会は実際の利用シーンを実演しながら紹介したことなど。

そんな珍しい取り組みや、聞いてくださる方々にも思うところがあるようで、笑いながらお聞きいただけました!

 

珍しい取り組みは、後日詳しくご紹介しますね。

 

初めてCodeIQという大きな場でLTを行いました。

開発部のコミュニケーション・他拠点・海外拠点というところで問題を抱えているのは、ドリーム・アーツだけではないということを実感しました。

こういう悩みを共有できる場があると、私自身も解決に向けて頑張ろうと思います!

とてもいい刺激を受けた1日でした。

 

美味しいものも沢山いただきました(笑)

 

私自身、開発部では珍しい情報発信部隊として、これからも製品・開発部を知ってもらう取り組みを行なっていきます!

ぜひ、技術だけではなく、開発部のユニークな取り組みとしても注目していただきたいです。

乞うご期待☆

 

グループウェア  | Webデータベース  | 多店舗オペレーション  | 課題一覧  | お客様事例  | お問い合せ
個人情報保護方針  | ご利用規約  | 会社情報  | 採用情報  | サイトマップ
© DreamArts Corporation.
preload preload preload