空気を読むことに長けた私たち日本人は、同じオフィス空間にいたからこそ相手の顔色と仕草から多くを察し協力して仕事を進めてきました。しかし、世界を襲うパンデミックはオフィスという共通空間から人々を遠ざけ、得意技の以心伝心の効力が弱まってしまいました。
働き方の激変に呼応して、どの企業もシェアオフィスや在宅勤務を認め、チャットやオンライン会議の組み合わせで空間と時間を超えた働き方を工夫しはじめました。しかし一方で、ITツールはノンポリシーで運用され、どの場面でどのツールが最適なのかだれも交通整理できず、情報の渋滞が起きています。
このセミナーでは、あらためて社内のコミュニケーションを、個人と個人、部門のなか、部門横断、全社、の複数の視点から立体的に捉え直し、それぞれのシーンにあったITツールとコミュニケーションの取り方を整理します。

社内コミュニケーションをReデザイン – ITツール×コミュニケーションの最適解とは

日 程
2021年5月27日(木)14:00 − 14:40
会 場
オンラインセミナー
定 員
50名程度
※申し込み多数の場合には対象者に該当する方を優先させていただきます。
参加費
無料(事前登録制)
対 象
1,000名以上の企業の経営戦略部 業務改革室 DX推進室 戦略人事部 コミュニケーション改革室 事業部門の企画部 などに所属の方
受講方法
参加確定後にメールでウェビナー参加用URLをお送りいたします。

お申し込みはこちら

講演者

株式会社ドリーム・アーツ 協創パートナー推進本部 副本部長 栗木 楽
株式会社ドリーム・アーツ
協創パートナー推進本部 副本部長
栗木 楽
大企業コミュニケーションのReデザインを得意とし、数万人の企業のコミュニケーション改革プロジェクトの推進役を多数経験。お客さまプロジェクトではさまざまな部門からの多彩なメンバーと一緒に、部門間・階層間のタコツボ化解消に真正面から取り組んでいる。日本企業の底力を上げるために、実践知を活かして組織開発とITの融合でアプローチする。

お申し込みはこちら

プログラム

  • 社内コミュニケーションを立体的に捉え直す
  • 散乱するITツールの特徴を比較し最適を見つける
  • 社内コミュニケーションをReデザインする

講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。あらかじめご了承ください。

お申し込みフォーム