大規模企業からも信頼された導入実績

数千~数万規模の大企業・大組織への豊富な導入実績が信頼の証、
お客さまにとって最適な情報基盤となる「INSUITE」 を提案させていただきます

ホーム > 導入実績 > 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 様

新情報基盤で挑む「業務改善」と「新たな価値創造」 300を超える情報系システムの統合で見えた「勝算」

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 様
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 様

企業が健全な状態でビジネスを展開するためには、新鮮な「情報」が末端まで、滞りなく確実にいきわたっていることが重要だ。情報基盤が機能不全に陥れば、ビジネスをサポートするはずの情報基盤が、ビジネスのボトルネックとなってしまう。 こうした状況に陥らないためには、常に企業における情報の流れを見直し、より効率的なものへと継続的に改善していく取り組みが求められる。情報が流れる「情報基盤」についても、そうした取り組みに追従できるものを選ぶことが重要だ。 旧来の情報の流れを見なおすことによる業務改善と、それを実現できる新たな情報基盤の構築に取り組む「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」では、社内に林立した300を超える情報系システムを、新情報基盤へと集約するプロジェクトを進めている。

プロジェクトの背景やソリューション選択、大規模システム統合の過程から、
その先の新たな「価値の創造」の具体的な成果まで盛り込まれた事例全編を、ぜひご覧ください。

INDEX

  • 「林立する情報システム」「メールの洪水」からの脱却を目指す
  • システム移行と業務改善の「ルール作り」を平行して実施
  • 「全社情報の確実な通達」「メール件数の削減」などの効果を実感
  • 旧システムの「移行」から新たな価値の「創造」へ
  • 「ホワイトボード」を廃止、必要な情報をすぐ入手できる「ポータル」へ
  • 業務担当者の熱い思いがシステムに反映される開発体制