EIP型グループウェア:INSUITE®
開発者インタビュー(ポートレット)

EIP型グループウェアINSUITEバージョン2.4

ドリーム・アーツは、2010年3月23日にグループウェア「INSUITE®」のバージョン2.4をリリース。「お客様とともに製品を成長させる」という開発ポリシーに基づいて、100以上の顧客要望と20以上の新機能を実装した。本バージョンの特長とプロジェクトの裏話を開発リーダーとチームメンバーが語る。

v.2.4開発テーマ| 新機能への思い |プロジェクトの裏側≫ INSUITEトップ

ポートレット

自動更新

これまでEIP型グループウェア「INSUITE®(インスイート)」のポータル全体のリフレッシュによって情報更新をしていましたが、「ポートレット」個々での自動更新機能を付けたことで、よりインタラクティブに情報を取得できるようになりました。社内システムと連携しているポートレットでは、リアルタイムに近い情報が取れるようになり、「ビジネスコックピット」としてのINSUITE®の精度が上がったと思っています。

EIP型グループウェアINSUITE Ver.2.4 紹介機能一覧