EIP型グループウェアINSUITE活用
最新情報のリアルタイム共有

活動報告や成果物のアクティブ表示により、
組織内の新鮮な情報を「見える化」

  • 活用例:社内情報の見える化|ベテランのノウハウ継承|縦割り組織の打破|営業の迅速対応など
  • 【ポータル機能】ライブラリ(文書管理)やスケジュールなどのグループウェア機能をはじめとして、部署やプロジェクトといった活動単位ごとに異なる必要な情報をポートレット化しポータルに集約。ポートレット作成時に専門的な知識は不要なので、現場主導で自在な作成が可能です。


各種場面で登録された成果物やレポートを、ポータルにリアルタイム表示。新鮮な情報が流通、組織の今が「」見える化。 拡大 活動報告・成果報告をポータルにリアルタイム表示